1. /
  2. ブログ記事一覧
  3. /
  4. 豆知識
  5. /
  6. 防犯カメラシステム導入基準2021

防犯カメラシステム導入基準2021

防犯や見守り等、幅広く使われている防犯カメラシステムは、機能や撮影画像の解像度が大幅に向上しています。
そのため、防犯目的で防犯カメラシステムを導入したつもりでも、必要以上の情報まで映り込んでしまう可能性があります。
(使用方法によっては、プライバシー侵害につながる恐れがあります。)

防犯カメラシステムを導入したことによって、法律違反や近隣住民からの苦情に発展する可能性も考えられますので、防犯カメラシステムを導入する際は、以下の基準を参考にして下さい。

防犯カメラシステム導入基準

1. 利用目的を明確にする

全国どの地域においても、防犯カメラを見かけない事は少なくなりました。
この防犯カメラ映像が犯罪捜査や犯人逮捕の決め手となることも多いのです。
他方、プライバシーに関する不安を感じている人も存在するため、設置目的を明確化し、必要な範囲に限定した撮影をするよう撮影範囲に配慮することが、その管理者には求められます。

(例)防犯カメラ作動中の貼り紙やステッカー、設置箇所の限定化

2. 居住地域の市町村毎のガイドラインを確認する

一般的に防犯目的のための防犯カメラ設置は、利用目的の公表の必要はないとされていますが、防犯カメラ導入時には、念のため居住地域のガイドラインを確認するようにしましょう。

(例)防犯用途以外は、本人通知が必要、顔認識のための記録 保存期間等

3. 個人情報保護法を遵守する

事業者が、不特定多数者を撮影する防犯カメラシステムを運用する場合、個人情報保護法が関連する可能性が有ります。
そのため防犯カメラの管理責任者を指定。その上で運用を実行します。
(映像の保存期間等を定める必要もあります。)
また、『利用目的を超えて第三者への提供はせず、管理を行う』等の配慮も必要となります。

(例)道路、店舗等の不特定多数の人物が利用する場所に防犯目的で継続的に設置されている防犯カメラシステム

盗聴電波パトロール
防犯カメラシステム
導入推進事業部