1. /
  2. ブログ記事一覧
  3. /
  4. 豆知識
  5. /
  6. スマホ盗聴対策マニュアル2021

スマホ盗聴対策マニュアル2021

手軽に持ち歩けるスマホは個人情報の塊です。
盗聴等の情報漏洩被害に遭わないようにするためには日々セキュリティ意識の醸成が必要です。

1.スマホ盗聴アプリ発見方法

スマホ盗聴アプリがインストールの有無を探索する方法は、スマホ内のアプリを1つずつ確認することです。
探索の結果、不審なアプリを見つけたら、起動せずにアプリ名を検索エンジンで調べましょう。

2.盗聴アプリインストール予防方法

インストールされている不審なアプリを全て探索して異常が無く、今後、予防する方法はどのようにするのでしょうか。
また、盗聴アプリを発見した場合、どのようにすればよいのでしょうか。
以下、予防対策法についてご案内していきます。

パスコードをかける

10桁以上の強固なパスコードを設定するのがいいでしょう。
その際、脅威となる盗聴犯に類推されてしまうもの、使い回しの暗証番号等は避けるようにしましょう。

非公式アプリは使わない

検索エンジンより直接アクセスする、非公式マーケット等で配信されているアプリは、公式マーケットのような審査基準が無いため、そのセキュリティが維持されません。
GooglePlay等で本来有料配信されているアプリが、無料ダウンロードできるといった利点がありますが、その反面、安全面に問題があります。
従って、非公式アプリを使用していると、気が付かない内に個人情報が流出してしまう可能性もありますので、可能な限り、AppStoreやGooglePlayを使用する事をオススメします。

端末を初期化する

自分のスマホに盗聴アプリが発見された場合、アプリをアンインストールすることで盗聴は防げます。
(大切なデータは消滅してしまいます。)
しかしながら、それ以外にも盗聴基盤が組み込まれている可能性も考えられますので油断は禁物です。

3.総合的なスマホセキュリティ対策

<iPhoneのセキュリティについて>

オープンソースのAndroid端末に比べ、iPhone、iPadはマルウェア感染の可能性が低いことで、有名です。
しかしながら、安全に対する知識不足、安全神話といった脆弱性を生みやすいとも言えます。

webページ詐欺

閲覧中のwebページが急に以下のようなメッセージ画面に遷移します。

  1. 「iPhoneが当選しました」等アンケート回答を求められ、入力することで個人情報を窃取されます。 
  2. 「ウイルスに感染しています」等、駆除するためと促されて、偽セキュリティアプリを購入させられます。指示通り進めていくことで被害に遭い、クレジットカード情報を窃取されます。

フィッシング詐欺

  1. メールやSMSで、下記のようなクリックしてしまいそうなメッセージが届く。

「お客様のアカウントにセキュリティの問題があります」
「アカウントが停止されています」
「お荷物のお届けにあがりましたが不在の為持ち帰りました」

  1. メールURLをクリックすると、サイト遷移。
    画面案内に沿って口座情報やアカウント情報を入力すると、その情報が窃取される。

ワンクリック詐欺

メールやweb検索結果からアダルトサイトにアクセス。
動画を再生するため、画面上のボタンをタップすると、「ご入会ありがとうございました」などと表示され、期限内に請求金額を支払うように要求される。

カレンダーへの攻撃

iPhoneのカレンダーに
「ウイルスに感染している可能性があります」
「あなたのiPhoneは保護されていません!」
等、身に覚えのないイベントがあり、イベント内URLをタップすると、詐欺サイトに誘導されます。
画面の指示に従っていくと下記のような被害に遭います。

  1. 不審なセキュリティ対策アプリ等のインストール
  2. メールアドレス、電話番号、クレジットカード情報などの入力
~対策方法~
  1. 「削除してスパムを報告」を操作
  2. 共有カレンダーを削除する
  3. 参加依頼が届いた場合は、不審な参加依頼のスパム報告をする
~スマホ情報漏洩対策方法~
  1. webページでは、心当たりのない画面が出てきたら、ブラウザ(タブ)を閉じる 
  2. メールではメール内のリンクは不用意にタップしない
  3. ログインが必要なサイトには、ブラウザのブックマーク(お気に入り)などからアクセスする
  4. ウイルス対策アプリを導入する
  5. 自分のiCloudメールアドレスがむやみに知られないようにする