AI(人工知能)とは

近年、特に大企業においては、時間短縮、コストカットは必須項目であり、社員を雇用するほどの費用対効果が得られない仕事に関しては、外注スタッフを活用する事も多くなってきました。
システムエンジニアの社員の方々等が、プログラミング作業を外注先に委託し、早期に退社されるケースもあるようです。(プログラミングをした事の無いSEもいるようです)
時間短縮、コストカットの観点から、Al(人工知能)がビジネスや私達の生活に更に浸透するようになれば、仕事そのものの概念が根底から変わってしまうかもしれません…。
(AIで仕事の成果が得られても、因果関係は不明瞭である事も多く、仕事のノウハウが蓄積されないため)

⬛ AI(人工知能)とは

ニュートラルネットワークに深層学習を多層的につなげる事によって、対象を評価できるようにした機械学習の一種。GoogleのAlphaGoやIBMのDeep Blueが代表的。
学習方法として、人間が用意したAIアルゴリズムに学習用データを学習させて、結果を人間が評価し調整していく。

⬛ 代表的なビジネスへの応用例

① 文字、音声認識

AI技術の応用で、自分の声をサンプリングする事なく高い識字率を出すようになった。
検索エンジン使用時やメール送信時に活用されている。

② 画像認識

指紋認識、顔認識、歩様認識等のリアルタイム行動認識へ活用されている。

③ セキュリティ

既にスパムメール判断やフィルタリングに活用されている。
④ 金融関係

株取引の市場予測は、既にAIで行われている。

⑤ 経営判断

CRMデータから、顧客の行動を予測し顧客満足度UPにつなげる。

⑥ 製造業

品質管理の検査ラインでの画像処理チェックではAIを活用。

⑦ 医療支援

CT画像やMRI画像等のスクリーニングには、AIによる画像認識技術が活用されている。

ページトップへ戻る