電波が及ぼす身体への影響

電波が生物に与える影響には「刺激」と「熱」が有ります。

電波は目に見えないため、普段、生活している際には、直接実感することはできません。
そのため、生活に不可欠な存在であると理解しながらも、電波に対しては漠然とした不安を持っている方もいらっしゃると思います。その不安を拭うため電波が人体に与える影響についてご説明させて頂きます。

電波が生物や人体に与える影響に関する研究や調査は、今日まで50年以上に渡り、世界各国で行われています。研究内容は、動物、細胞を使った生物学研究や人を対象にしている疫学研究等が挙げられます。
研究や調査は国際機関や各国政府、研究機関、企業等がそれぞれに、或いは協力しあって推進しています。国内では、総務省、大学等で調査・研究が行われています。

これまで研究から得られた電波が人体に与える影響として「刺激」「熱」が有ります。
ここでは、携帯電話基地局にて使用されている電波による影響である熱作用についてご説明させて頂きます。電波は生物に当たると一部は体内に吸収され、そのエネルギーは熱になります。その電波が強い場合発熱量も大きくなり体温が上昇する事が有ります。
これが熱作用で、約100キロヘルツ以上の周波数領域で起こると言われています。過去の動物実験の結果から、熱作用は体温上昇によるストレスにより、動物の行動パターンを変化させ、その変化は動物の種類、電波の照射等の条件によらず、全身における電波の吸収量がある一定量を越えると、体温上昇によるストレスが発生する等、人体に有害な影響が現れる可能性があります。

強い電波が人体に与える影響として熱作用をご説明しましたが、人体にこのような影響を及ぼさないように、電波の利用に関しましては国家が厳しい基準を設けています。
そのため、日常生活において私達の周りにある電波は非常に弱く、熱作用を引き起こす危険はかなり低くなっています。

国家の取り組みとして、約50年以上にわたる国内外の研究成果に基づいて、「電波防護指針」が策定され、その指針に従った規制が導入されています。
電波防護指針では熱作用により人体に有害な影響が及ぶ可能性のある全身における電波の吸収量に、約50倍の安全率を考慮して、この基準値を定めています。
そのため、この指針に示される数値を多少越えたとしても、直ちに人体に有害な影響が出るというものではありません。
これは国際ガイドラインと同等で、世界保険機関もこのガイドラインを指示しています。
携帯電話基地局は、この基準値を満たした上で設置をされています。

ページトップへ戻る