空き巣防衛マニュアル

yaki2_photo様々な窃盗犯罪がある中、4割以上の割合を占めている『空き巣』。
今回は、そのターゲットになり易い住宅のポイント及び防犯対策をご説明させて頂きます。

狙われ易い住宅のポイントが一つでも当てはまったら、今すぐ対策をしましょう‼

外出時、『空き巣被害に遭ってしまった…。』という知人が周囲に一人はいるのではないでしょうか。
ご近所意識が希薄な今日では、隣人の顔さえ知らない事もよくあります。
空き巣犯は、その社会の歪みを利用し散歩を装うなどしながら、入念な下見を行った上で、空き巣を行いますが、その下見にはターゲットにするか否かを決めるポイントがいくつかございます。
それは以下の通りです。

⬛狙われ易いのはこんな住宅

glass_1ポイント1
換気目的で窓、扉を開けている。

理由 特に、トイレや風呂場、勝手口は死角になっている事が多く狙われ易い。

ポイント2
ディスクシリンダー錠を使用している

理由 ディンプルキーではなく、昔からあるディスクシリンダーはピッキングや複製が容易である。
空き巣犯も、使用している管理者の防犯意識が低い住宅であると認識をしているため、狙われ易い。

ポイント3
敷地内が見えにくく入りやすい。

理由 敷地内が高い堀や木で囲まれていて、人気が無い環境が、空き巣犯にはベストポイント。ピッキングやガラス破りに専念されてしまうため狙われ易い。

ポイント4
独身者及び共働きの住宅

理由 留守がちになってしまう事が多く、狙われ易い。

ポイント5
足場がある住宅

理由 上の階ほど、防犯意識が低くなります。
鍵を開け放しにしてある事もあり、狙われ易い。

ポイント6
オートロック付きマンション

理由 『オートロックなので安全』という神話は既に崩れています。住人や業者になりすまして簡単に突破されてしまうのですが、イメージ戦略による神話によって、安全であるという認識が定着しているため逆に狙われ易い。

ポイント7
夜でも洗濯物が干してある

理由 夕方を過ぎても洗濯物を干している家は『留守です』
と大声で叫んでいるのと同じです。そのため狙われ易い。

ポイント8
窓がクレセント錠または通常のガラス

理由 ピッキングの技術を習得する前にガラスを破った方が容易。といった事情から狙われ易い。

『自宅にいる時、人は最も無防備である』という事実と、『自分の安全は自分で守る』という意識を正しく認識し続け、バランスをとる事のみが『もしもの際に動揺しない』唯一の手段となります。

残念ながら、ポイントに当てはまってしまった方は下記防犯対策を実施し、空き巣犯を寄せ付けない環境を作りましょう!

hi-ircamset対策1 
防犯カメラを設置する

理由 空き巣犯等、犯罪者は人の目を恐れるものですが、ご近所付き合いが希薄な今は困難です。防犯カメラを設置し、人の目を代用しましょう。

対策2 
窓ガラスのセキュリティを強化する。

理由 最近では窓の鍵周辺のガラスをバーナーで焼き破る手口も多くなっているため、部屋の室内に内格子を設置する、窓ガラスを特殊素材が三層になった防犯ガラスに交換する、防犯フィルムを貼る等、予算に合わせた様々な対策が有ります。金銭的に困難な場合はサッシ用補助錠を設置しましょう。

対策3
足場を撤去する。

理由 物置小屋や雨樋は空き巣犯にとってはエレベーターと同じです。撤去不可能な雨樋には雨樋ガードを設置しましょう。

対策4
留守を悟らせない工夫をする

理由 家を不在にする場合、留守だと思われると、その隙に入り込まれます。電気代はかかってしまいますが、ひと部屋は電気を付けておきましょう。

空き巣被害に遭った場合の精神的被害も、もちろんですが、扉の破壊、窓ガラスの破壊、盗難被害による経済的損失は非常に大きいものです。

この豆知識が、被害に遭う前の予防策立案のお役に立てれば幸いでございます。

ページトップへ戻る