知的財産法について

⬛知的財産法は、発明及び考案、デザイン、商標、著作物、営業秘密など知的財産を守るための法律の総称です。

知的財産は、商品、サービスの高度化、ハイテク化に伴う開発費の増加に関連し、経営資源である「人」「物」「金」に次ぐ経営資源と呼ばれ、近年その重要性は高まる一方です。
代表的な5つの知的財産は以下の通りです。

① 特許権
発明を保護するもので、登録することによって効力が出ます。特許登録を受けるため、その発明が産業上利用可能なものであり、社会に知られていないこと、他人に容易に発明できないことが求められます。特許は出願の日から最長20年間保護されます。

②実用新案件

物品の構造や形状に関わる小発明を保護します。
登録制ですが、形式的審査だけで登録できます。
保護期間は登録出願の日から6年間です。

③意匠権

物品の形状・模様・色彩などいわゆるデザインを保護します。登録日から15年間保護されます。

④商標権

会社のロゴマークや社名ロゴなど、商品に付けられるトレードマーク及びサービスに付けられるサービスマークを保護します。
登録制で登録日から10年間保護され、その後も10年単位で更新することができます。

⑤著作権

文芸や学術、美術、音楽、映画、コンピューターソフトウェアなどの著作物を保護します。コンテンツのほとんどが含まれます。
著作権は著作物の創作時点で成立し、特許権、商標権のように登録する必要はありません。

ページトップへ戻る