盗聴発見業界で使用されるプロ使用の調査機材について

今回は、盗聴発見業界及び、米国防省、NASA等で活用されているプロ用の機材をご紹介いたします。

⬛AR-ALPHA

AR-ALPHAは、10kHz~3500MHzまでの広帯域の監視、電波サーチ、スペクトラム表示、受信内容の記録など、高度な電波監視業務に必要な機能、性能を備えた高性能受信機です。
広帯域受信技術と先進デジタル信号処理技術を駆使し、スペクトラムアナライザ等の計測機器に匹敵する安定度を誇ります。

⬛AR-IQ

帯域まるごとの記録再生を可能とする、画期的なソフトウェアです。最大、900KHz~1MHzの帯域内の信号をまるごとハードディスクへ記録することが可能で、PCから受信機の操作も行えますので、既存、或いは未知の信号を追跡調査する事ができます。

⬛SR2000A

広帯域25MHz~3000MHzを高感度、高安定度でAM.NFM.WFM.SFM.を復調。
高速フーリエ変換演算処理で、測定器のようにリアルタイムスペクトラム表示が可能。

⬛AR-STV

900MHz~2800MHz間を高速サーチ。
掃引状態、信号強度ビデオ品質をグラフィカルに表示します。カメラからのビデオ信号をグラフィカルに表示します。

⬛AR6000

業界初の超広帯域受信機。40kHz~6000MHzを受信します。
センチメートル波帯まで、連続カバー。
ダイナミックレンジ、感度抑圧特性、スプリアスレスポンス特性はAR5001Dを越えています。

ページトップへ戻る