広告業界用語集

⬛広告代理店業務関連

①JARO

日本広告審査機構の略。
広告の信頼性を高めるため、広告主、広告会社、媒体社等が組織した団体の事。
消費者のクレーム対応窓口となり、広告主とのハブ役を担い解決を図る事も。

②コンペティション
競合を指す。プレゼンの際に、他社と企画を競い、優秀な会社を指名する。

③ナショナルクライアント
広告主の中で、全国的な規模で宣伝、プロモーションをしており、予算の大きい大手広告主の事。

⬛テレビ広告関連

①アクチュアル
実際にCMがオンエアされた際、獲得出来た視聴率の事。
テレビCMの買い付けは、直近の同曜日、時間帯の視聴率を基準に行われるので、その結果、広告主の希望通りのものであったかを確認するために使用される。

②クレジット
テレビやラジオの番組で番組スポンサーを表示する事で、番組の最初と最後に設定される事が多い。

③波代

番組提供における電波料金の事。広告料金の中に番組制作費を含むため、区別して表現する際に、用いる。

⬛ラジオ広告関連

①ジングル

番組でCM前や曲と曲の間に、番組のつなぎやワンクッション入れる際に、使われるオリジナル曲の事。
サウンドステッカーとも呼ばれている。

②長尺CM

ラジオCMの秒数が、20秒を中心に40秒、60秒等が基本であるのに対し、特別に120秒や180秒等の長い尺でオンエアされるCM。

③レインコートプロ

雨のため、スポーツ中継が中止の際に、代わりに放送する番組。

⬛ネット広告関連

①SEO

日本語では検索エンジン最適化。特定のキーワードで検索したときに、対象となるサイトがランキング上位に表示されるよう、ページの記述、Webサイトの設計方法を見直す技術の事。

②クリックレート

広告が表示された数に対し、その広告がクリックされた率の事。数値が高いほど、効果的とされる。

③コンバージョンレート
Webサイトのアクセス数に対し、売り上げ計上、登録、資料請求など何らかの実利を伴う行動をした人の比率。

ページトップへ戻る