ネットストーカー規制法(改正ストーカー規制法)

freee151108139357平成29年1月3日より、ストーカー規制法が改正、施行されます。

最も大きな改正点は、「SNSでの付きまとい」を規制対象に追加した事で、若年層を中心に深刻な被害が発生している「ネットストーカー」を規制し、殺人事件や傷害事件に発展する事を予防する事が狙いと考えられます。

下記内容が、改正された6点となります。各種専門機関にご相談される際の参考になれば幸いです。

① SNSによるメッセージの連続送信、ブログへの執拗な書き込みを規制

② ストーカー行為罰の懲役刑の上限を「6カ月以下」から「1年以下」に

③ 被害者が告訴を躊躇っても起訴できるように非親告罪に変更

④ ストーカー行為をする恐れがある人物と知りながら、被害者の情報を提供する事を禁止

⑤ 警察が警告しない場合、理由を被害者に書面で通知する事を義務化

⑥ 被害者のみならず、加害者の所在地の警察も警告が出せるように

ページトップへ戻る