電磁波による情報漏洩対策ソリューション

■電磁波による情報漏洩について

パソコンのケーブルからは常時、微弱な電磁波が放射されています。
数百メートル離れた場所で、電磁波を傍受し、特殊処理を行うことで、パソコンのモニター画面を再現、パスワードの解析をする事が可能です。
そのため、日本政府は、「政府機関の情報セキュリティ対策のための統一技術基準」を平成23年4月21日に定めました。本基準の中で「情報システムセキュリティ責任者は、要機密情報を取り扱う情報システムについては、電磁波による情報漏洩対策の措置を講ずること」とされています。

更に、総務省でも「情報通信ネットワーク・安全・信頼基準」、「地方公共団体における情報セキュリティポリシー・ガイドライン」を制定しています。これらの中で電磁波による情報漏洩も明記されています。
また、国際的にも国際電気通信連合において、電磁波による情報漏洩に対する試験方法とガイドラインの勧告が出されています。

銀行取引の情報、ネットショッピング等に多大な危険を与える恐れがあるからです。

当社ではこうした電磁波による犯罪を未然に防ぐため、お客様のパソコン環境に合わせたオーダーメイド形式の「電磁波による情報漏洩対策ソリューション」を提供いたします。

料金5万円〜(税別)

ページトップへ戻る