盗聴電波追跡バスター(民泊関連事業者様向け)

haimenimage1
日本に10万台設置されているとも言われている盗聴器。
ストーカーや空き巣等の犯罪者が情報収集のツールとして悪用しています。

盗聴器の7割は、一般住宅に設置されるため、調査発見のご依頼は、不動産会社様のご紹介で発生する事も多く、民泊オーナー様やその関連事業者様にとっても「関係がない」とは言い切れない状況です。

特に海外からのお客様は、「盗聴対策は施設管理者の責任」といった意識が強く(海外のホテル等は定期的に盗聴、盗撮の対策を実施しているため)、東京オリンピックを控え、宿泊施設の不足が叫ばれる昨今、宿泊施設の増加のみならず、民泊オーナー様や関連事業者様に対する商品及びサービスの品質向上の期待が日々高まっています。

当社では、上記の社会情勢を踏まえ「盗聴電波追跡バスター」を民泊関連事業者様向けに販売をスタート致します。

本商品は、コンセントに差し込み電源スイッチを入れ、簡単な設定をするだけで、24時間365日盗聴電波を自動で監視する事が可能です。

特殊な技術は一切必要ありません。
ご興味を持たれた方はお気軽に下記連絡先まで、御連絡下さいませ。

「盗聴電波追跡バスター」

価格 80000円(税別)

連絡先 03-6459-0309

ページトップへ戻る