盗聴電波捜索パートナー募集

盗聴電波捜索パートナー募集

人事担当 御挨拶

パリ同時多発テロ、東海道新幹線内での焼身自殺、名古屋市内の警察署における盗聴問題等、私たちを取りまく、社会環境は、豊かさと同時に多様化、複雑化、日々欧米化しつつあります。
その日常生活において『真の安全とはなにか』を考え続ける事が、『安心』を求めていく上で、大変に重要な課題となってきました。

私たちは、『日本は安全である』という神話によって犯罪に対する考えが非常に浅く、日々欧米化が図られる現在において、遅れをとっているのが現状です。

そのため当社では、まず『自己防衛の方法を学ぶ』事がいかに『安心』をもたらすかという事を皆様に認識頂けるよう、またお客様の生活環境づくりに貢献していく所存です。

盗聴規制の取り組み

世界では、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、カナダ、ロシア、中国、デンマーク、スウェーデン、韓国、北朝鮮、オーストラリア等、その他各国においても盗聴の危険性は認識されています。
そのため、スパイ防止や盗聴規制が日常的に行われているのです。
しかしながら、日本においては未だに有効な規制が無く、各個人や法人が個々に予防、対策をしなければいけないという現状です。

募集内容

00280041当社規定の面接、研修を通過された方には、当社より、盗聴電波捜索用機材、営業ノウハウをお渡しします。また、技術研修及び営業研修も併せて実施致します。

(ご負担頂く費用)

25万円(税別)

(内訳)

①盗聴電波捜索用機材  vr-150sny399x3-s
②営業ノウハウ
③研修費用
④登録料(反社会性調査含む)

※ 年齢制限の無い、一生涯出来る仕事内容となりますが、お客様のプライバシーに深く入り込むお仕事の内容となりますので、守秘義務の徹底や誠実性等、真面目さが強く求められます。

そのため、一次審査(書類選考)➡二次審査(面接)➡三次審査(社長面接)といった流れで厳重に審査を行い選考させて頂きます。
不合格の場合は何卒ご容赦下さいませ。

———————————————
『盗聴電波パトロール』は盗聴発見予防技術の認定マークです。
———————————————
『盗聴電波パトロール』は、NPO法人東京都探偵業協会及び一般社団法人日本信用調査業協会が、法人及び個人のお客様に安全に盗聴発見予防サービスを依頼できる環境をつくる事を目的として、盗聴発見予防に必要とされている調査技術及びコンサルティング力の基準に適合した商品、サービスにマークを付与、普及促進を図るための自主認定マークです。

ページトップへ戻る