不法侵入者対策サービス

2014042010350000.jpg先日、小泉純一郎元首相の自宅に侵入した、栃木県足利市に住む無職の女(33)を横須賀暑が住居侵入の疑いで現行犯逮捕しました。
横須賀署は、午前7時頃、横須賀市の元首相宅に正統な理由が無いのに侵入したとしています。

逮捕の女性は「許可を受けて入った」と容疑を否認しています。

元首相の家族が起床して屋内を回っている際、応接室のイスに座っている女を見つけ、表口で警備をしている署員に通報しました。

横須賀署が、侵入方法などを調査しています。

恐ろしい事です。
朝起きて、見知らぬ女が、座っている。

敷地内に勝手に入られてしまった事も不快ですが、警備会社は責任を果たしていないため、その責任を問われる事になるかもしれません。
今回の場合、事無きを得ましたが、最悪の場合、殺人事件に発展する可能性も考えられます。

死角に防犯カメラ等防犯設備が設置されていれば、この事態を避ける事ができたでしょう。

この事件は平成26年1月に起きた事です。
しかしながら、国家の要人が住んでいる邸宅に素人が容易に侵入出来てしまうのは由々しき事態です。

この事件発生後、当社では防犯カメラの普及こそ、犯罪抑止、事件の早期解決を図る最重要課題の一つと考えております。(特に港区では、防犯カメラの設置等には補助金を出しているため)
それ以来、各防犯設備メーカーとタイアップし安価かつ高性能、耐久性に優れた防犯カメラを提供出来る体制が整いましたので以下にその内容をご報告いたします。

不法侵入者対策サービス

システム代金 120000円〜(税別)

内訳

暗視機能付き防犯カメラ 記録装置
材料工事費

また、併せて良質な鍵交換サービスも承っております。
鍵交換料金18000円〜

ご不明な点は、セキュリティ事業部までお問い合わせ下さいませ。

連絡先03ー6459ー0309

ページトップへ戻る