コンセント盗聴器発見方法


① 目視点検
最も有名な盗聴器が三又コンセントタップ型です。

コンセントタップに「A」・「B」・「C」・「D」・「E」・「F」のアルファベット文字のシールが貼られているかを確認します。
コンセント型盗聴器を目視確認で発見できる唯一の方法です。
「A」〜「F」を発見した場合、速やかに保管、専門業者に調査を依頼しましょう。
(別種類の盗聴器が設置、盗聴されている可能性が高まるため)

② 盗聴企図者の心理を読む
コンセント型盗聴器を発見するには、仕掛ける人間の心理を考える必要があります。
盗聴器を仕掛ける目的は音声情報の収集です。

例えば、部屋の上部に設置されているとなれば部屋全体の音声を収集する事が目的。
ベット脇の下部に設置されていたのであれば、目的は限定される。といった具合です。
特にコンセントタップ式は着脱が容易で、部屋を乱雑にしている場合、その着脱に気が付く事すら無い可能性もあるのです。

そのため、日々の生活で整理整頓が実践されていれば、早期に発見できる機会も高まります。

③ コンセント差し込み口を開ける
専門業者を呼ぶ前に開ける事は基本的にNGです。
証拠が棄損してしまう可能性があります。
ご注意下さい。

コンセント盗聴による被害を予防し、リラックスした生活を取り戻しましょう!

ページトップへ戻る