集団ストーカーを疑う前に考えるべき6つの事

ネット上でまことしやかに囁かれる集団ストーカー。
盗聴や盗撮が関連している事も考えられますが、まずは下記項目をチェックし、冷静に考えた上で対応策を練ることをお勧めします。

① ネットいじめ

別名サイバーリンチと言われており、ネット上におけるいじめ、差別的な行為の事。
スマホによる書き込みや追跡による嫌がらせが主となる。
そのため、対策には情報セキュリティに関する知識が必要。

② ご近所トラブル

土地の境界線問題や騒音問題等、様々な問題が関連しているため、対策には民泊、不動産に関連した法律知識や環境対策の専門機材、知識が必要。

③ 精神障害

精神、行動における特定症状を呈することによって、機能障害を伴っている状態と一般的には言われています。
対策として、メンタルヘルスに関連した知識や周囲のサポートが必要。

④ パーソナリティ障害

文化的な平均から著しく偏った行動の様式であり、特徴的生活様式や他者との関わり方、または内面的様式を持ち、そのことが個人的あるいは社会的に崩壊や著しい苦痛、機能障害をもたらしているものと一般的には言われています。
対策として、周囲のサポートや医療機関の支援も必要。

⑤ 脳のトラブル

一般的に新しい記憶は、海馬に蓄えられた後、大脳皮質に転送され古い記憶として保存されると言われています。
その転送時のハブとなる神経になんらかの異常が生じた場合、心身に異常を感じる可能性があります。
速やかに医療機関を受診されて下さい。

⑥ ディープウェブ以下の下層に情報が漏洩している

詳細は割愛しますが、速やかにインシデント対応チームを編成し、関係各所と連携をとりながら被害を最小限に抑える必要があります。

ページトップへ戻る