マルウェアの感染経路について

⚫ マルウェアの感染経路について

日本におけるインターネット利用者は遂に1億人を突破。
誰しもが、世界中の情報を容易に入手する事が可能です。
しかしながら、インターネットに常時接続されているということは、外部からもアクセスできるという事であり、
悪意を持った人物に狙われた場合、不正なプログラムを仕組まれ、データ破壊、改ざん、個人情報流失や乗っとり等の犯罪被害に遭う可能性が有ります。
その結果、誰しもが被害者や加害者になりかねない状況になっているのです…。

そのマルウェアの感染経路を理解しておく事によって感染を予防する事につながるため、以下に記します。

① メールによる感染

実行ファイルを添付、受信者が実行すると感染します。
メール閲覧のみで感染する事もあります。

② Webページを閲覧して感染

Webページで不正プログラムやスクリプトを実行させる事で感染。

③ ネットワークを通じて感染

マルウェアがネットワークを通じて他のコンピューターに感染を拡大します。

④ プログラムファイルに感染

フリーソフトやUSBメモリ等の記録メディアのプログラムファイルが、マルウェアに感染している事から感染。

⑤ 文書ファイルに感染

マクロ利用の文書ファイルに感染。

ページトップへ戻る