ブロックチェーン技術とは

ブロックチェーン技術とは、仮想通貨の仕組みを支える基盤技術の事です。
と一言でいっても、少々理解し難い点も御座います。

そのため対比として、皆様が利用されている銀行等の金融機関における基盤技術をご説明差し上げますが、一般的な取引金融機関を利用した場合、その取引情報(引き出し、引き落とし、振込等)は利用者及び金融機関以外に知ることは出来ません。
これは、取引情報を金融機関がデジタル台帳によって中央集権的な管理を行っているためです。

ブロックチェーン技術の場合はそうではなく、管理者がいない分散管理となっており、過去~現在の取引全てを、管理者のいない複数台あるデジタル台帳に記録、公開しているのです。

その取引情報は、誰でも閲覧できるようになっています。
そのため、相互確認や監視が可能となっている訳です。
また、名前の由来通りチェーンのようにデータがつながっており、一部の取引情報が悪意を持った人物に改竄されても、そのデータを共有している参加者によって悪事は発覚するようなシステムになっています。

対比として、金融機関を記載しましたが、中央銀行や大手メガバンクもブロックチェーン技術に注目しており独自の仮想通貨を開発する動きもあります。

ページトップへ戻る